ホーム>コラム>2014年6月

2014年6月

なさそうでありそうな話

6月15日(日)

13歳のミニチュアダックスのTちゃん(男の子)が、とても元気に来院しました。

病気のようには見えません。

「どうしましたか?」とお尋ねすると、14日(土)にペットショップ(送迎付き)で

シャンプーをしてもらい、戻ってきてから夜も寝ないで興奮しっぱなし、1週間

前に食事を変えてから、良く食べるようになり体重が増えたとの事です。

Tちゃんは元々痩せ形で体重は3kg前半でした。

見た目は、いつもと変わらない痩せ形でしたが、4.8kgもありました。

身体検査をしていくと原因がわかりました。

原因は、ペットショップが間違えて他の人のワンちゃんをTちゃんの家に届け

てしまったのでした。

 

 

おやつとジアルジア

当院に生後6ヶ月で体重700gのチワワの男の子が来院しました。

来院の理由は、10日前に下痢をしてから、いつもお腹がグルグル鳴り、軟便で食欲不振との事でした。

(当院に来院する前に、他院にて検便をし、治療食とお薬を処方されていました。)

 

診察をして、よくお話を伺うと、治療食はあまり食べないが、おやつは比較的食べるとの事。

そこで、おやつを中止して、治療食と他院で処方されたお薬とブドウ糖で様子を見て頂き、次回の診察で

検便をする事にしました。

 

2回めの診察では、お腹が鳴らなくなり、治療食を以前よりも食べるようになったが、まだ便が少し軟らかい

との事でした。

検便の結果、顕微鏡で見ても寄生虫はいませんでしたが、検査キットでジアルジアという原虫がいました。

 

ジアルジアを駆虫した後、便の状態が良くなり、体重は800gを超えました。

 

 

このワンちゃんから言える事は、おやつを与え過ぎない事と仔犬・仔猫の時は、検査キットでジアルジアと

いう原虫がいるかどうか調べてもらうことです。

 

 

 

 

 

PAGE TOP