ホーム>コラム>コラム

コラム

料金のお支払い方法が追加されました。

今まで当院での料金のお支払いは、現金払いのみでしたが、本日よりスマホ決済アプリ「PayPay」が利用できるようになりました。

詳しいご利用方法などは、PayPay株式会社ホームページをご覧になるか、直接会社へお問い合わせください。

春の健康診断キャンペーン

春の健康診断キャンペーン

 

 診察料+採血料+血液検査+フィラリア検査

    10000円のところ

     

   6700円(税抜)   

      ※4月来院の方                          

 

 狂犬病・混合ワクチン接種と一緒にいかがでしょうか?

GWのペットホテルについて

GWのペットホテルの入退室の時間は制限させていただきます。

(ご相談により決定)

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症の検査

コリネバクテリウム・ウルセランスの検査が出来ます。

鼻汁、くしゃみなどの症状がでている場合は、鼻水で感染しているかどうか検査できます。

検査料は7200円(税別)です。

ご不明な点はお気軽におたずねください。

水曜日の午前は、トリミング料金30%OFFです。(初回の方のみ)

当院でのトリミングが初めての方で、午前10時までにご来院いただける方が対象です。

お電話にてご予約ください。

その際、ホームページを見たと申し付けください。

※犬のトリミングのみ対象です。

※EPARK経由でお申し込みの場合は対象外です。

仔犬のしつけ

仔犬を新しく飼い始めた方、特に初めて飼う方は、どのようにしつけをすればいいか悩まれることがあるのではないでしょうか。

先日しつけ教室にて勉強してきたことを紹介していきたいとおもいます。

 

〇トイレのしつけ

基本的に仔犬が排泄したくなる時間帯は、食後、起きたとき、遊んだときです。この時は必ずトイレに連れていきましょう。

遊んでいる間はこまめにトイレに連れて行ってあげてください。

排泄しなかったら遊ぶ、トイレに連れていくという行動を繰り返します。

トイレでできたら思いきりほめてあげてください。この時、大好きなおやつなどを与えると効果的です。

トイレに慣れてきたらおやつを与えるのをやめ、ほめるだけにしましょう。そのうち、ほめなくてもトイレをするようになります。

 

〇噛みグセのしつけ

物や人の手を噛んだりして困ることはありませんか。

放っておくと噛んだものを飲み込んでしまうという事故にも繋がりかねません。

仔犬のうちからしつけておきましょう。

 

・人の手を噛むとき

 遊んでいる最中に興奮して手に噛みついてきた時は、「痛い!」と大声を出して遊びを中断し、無視してください。

 しばらくしてからまた遊びを再開し、また噛むようなら同じことを繰り返してください。

 そのうち噛むと遊んでもらえなくなると覚えます。

 

・ものを噛むとき

 噛まれて困るものはできる限り犬の届かない場所におきましょう。

 他の動かせないものを噛むときは、犬のくちもとに噛んでいいおもちゃなどを近づけます。

 おもちゃを噛んだらほめてあげます。可能ならおやつなどのごほうびをあげます。

 繰り返していくと、おもちゃを噛むとほめてもらえる(おやつがもらえる)と覚えます。

オーラベット

新しいデンタルケア商品が入荷しました。

犬用デンタルガム、オーラベットです。

201697162435.JPG

特徴として、一日一個与えるだけで、歯垢、歯石の沈着を抑え、口臭予防に効果的なこと。

噛みごたえがあり、嗜好性が高いことがあげられます。

フィラリア

5月~11月はフィラリア予防期間です。

フィラリア検査料1800円。また、4500円でフィラリア検査と健康診断もできます。

ご希望の場合は12時間ほど食餌抜きでご来院ください。

 

今年も忘れずに予防しましょう。

2016425171832.jpg

デンタルケアのすすめ

歯のケアについてお話します。

正しい歯のケアとは”歯の表面”と”歯周ポケット”をブラッシングすることが基本になります。

特に歯周ポケットを磨く事が大事です。

歯周ポケットが磨けていない事で歯の表面がきれいでも、歯がぐらついていたりする事が多いからです。

下に主なデンタル用品と特徴を書きます。

 

・ガーゼ、サック型歯ブラシ

自分の指で磨くので力加減がしやすく、犬も人の手が触れることで嫌がることも少ないため、歯磨きに慣れさせることに向いています。

ただ表面を磨くことしかできず、歯周ポケットや奥歯を磨くには適しません。

2016328174128.jpg   201632817422.jpg

 

・歯ブラシ

歯の表面はもちろん、歯周ポケットも磨けます。

チワワなどの超小型犬でも奥歯が磨けるような細い歯ブラシもありますが、歯磨きに慣れていない子だと嫌がることが多くあります。

2016325171521.jpg2016328173415.jpg

 

・デンタルジェル、ペースト

こちらは歯ブラシやガーゼと一緒に使うことで、歯周病予防の効果を高めてくれます。

ペーストなどの味がついているものだと喜んでくれる子もいます。

どの製品もかならずしも効果を発揮するとは限らないので、自分の子にあったものを選びましょう。

獣医口腔衛生委員会(VOHC)に認定されたものは効果が認められているのでおすすめです。

201641144424.jpg20163269731.jpg

 

・ビスケット、おもちゃ

ガムなどのおやつタイプのものはご褒美として与えながら口臭や歯周病予防として効果があるものもあり、歯磨きが苦手なワンちゃんに向いています。

硬いものは歯を折る危険がありますので、注意して与えて下さい。

201632692758.jpg   201632692817.jpg

 

歯磨きをしていても、歯周病にならないとは限りませんので、定期的に獣医師による歯の健診を受けるようにしてください。

狂犬病について

狂犬病の予防接種がはじまりました。

日本では、生後91日齢以上の犬の所有者は市町村に犬の登録をし、狂犬病の予防接種を受けなければなりません。

 ※もちろんワンちゃんの病気、体質などにより、注射を免除することもできます。

日本では、60年近く発生がないのに、何故ワンちゃんだけが予防注射を受けなければいけないのかとお思いの方もいらっしゃると思います。

その主たる理由をかいてみました。

 

1)すべての哺乳類に感染し、人も動物も発症するとほぼ100%死亡しますが、人では感染後(動物に咬まれた後)にワクチンを連続して接種することにより、発症を防ぐこともできます。

2)人への感染は主に狂犬病に感染した動物(90%が犬)に咬まれ、唾液中に排出されるウイルスが傷口より体内に侵入することにより、感染します。

3)潜伏期間が1カ月から3カ月と長く(もっと長い場合もあります)、発症前に感染の有無を診断できません。

  ⇒発症前の動物が海外から持ち込まれる可能性がある。

4)世界保健機構(WHO)の推計によると、世界では年間に5万54人の人が亡くなっています。また、このうち3万人以上はアジア地域での死亡者といわれています。

PAGE TOP